FXの取引をしたいなら、金融会社に入金しなければなりません。一旦は口座にお金を預けて、取引する事になるのです。海外にあるFX業者で取引したい時も、やはり入金は必要です。色々な入金方法はありますが、デビットカードが一番おすすめです。

仮想通貨と海外送金のデメリット

海外FXの業者に入金したいなら、海外送金や仮想通貨などの方法はあります。最近では仮想通貨で入金する方も増えていますが、全ての業者が仮想通貨に対応しているとは限りません。未対応の業者も多いです。
それと海外送金という手段は、かなり手数料が高くなってしまいます。送金1回につき数千円ぐらい徴収される事が多いです。
しかも海外送金は、少々時間がかかります。即日で送金するのはほぼ不可能で、数日ぐらいは待つ必要があります。早く入金したい時は、あまりおすすめできません。

クレジットカードで入金するデメリット

その他の方法としては、クレジットカードもあります。幸いにも大多数の海外の業者は、クレジットカードに対応しているのです。
クレジットカードの一番のメリットは、入金スピードです。上述の海外送金のように、数日ほど待たされてしまうことはありません。海外FXの業者の口座にも即時反映されますし、24時間いつでも入金できます。
しかしクレジットカードの場合は、やはり銀行引き落としには注意を要するでしょう。後日に、カード会社に返済しなければなりません。口座残高がゼロ円ですと返済遅延になる事もあるので、注意が必要です。

海外FXの入金はデビットカードが便利

ところで同じクレジット商品ではありますが、デビットカードもあります。デビットも、常時入金が可能なのです。クレジットカードと同じく、即座に口座に反映されますし、24時間いつでも入金できます。
しかもデビットカードの場合は、お金を借りる訳ではありません。カード会社からお金を立て替え払いしてもらう訳でなく、あくまでも銀行引き落としになります。
しかも引き落としのスピードは非常に早く、原則として即時で引き落としされるのです。引き落としされれば、スマートフォンで通知してもらう事もできます。
カード会社からお金を借りない以上、もちろん返済遅延のリスクもありません。まして海外送金のように多くの手数料を支払う必要もありますし、とても便利です。ですから海外FXの口座に入金する時は、デビットカードが推奨されます。
なおデビットカードは、銀行で申し込みする必要があります。お店の受付カウンターではなく、銀行がカードを発行するからです。WEBや郵送でも構いません。