FXに慣れていない頃は、なかなか損切りできない事があります。ですが、この投資商品で取引するなら、積極的に損切りしても問題ありません。淡々と損切りできるようになっていれば、FXの上級者であると言われる事もあります。

なかなか損切りできない

FXの損切りを経験した事が無い方は、なかなか踏み切れずに迷っている事も少なくありません。自分なりに熟考してポジションを作った訳ですから、簡単には損切りできないと思う事もあるでしょう。「損切りせずに放置しておけば、いずれは戻る」と思うケースもあります。
しかし、実際には戻るとは限りません。かなり日数が経過しても、元の水準に戻ってくれないケースも多々あります。外貨のレートは、自分の思い通りに動いてくれるとは限らないので、注意が必要です。
基本的には、積極的に損切りして問題ありません。損失が拡大してしまうよりは、早めに損切りする方がプラスになる事が多いです。

損切りに勇気が必要なのは最初の内

では、どうすれば損切りできるかというと、やはり経験です。最初の内は、損切りするのは勇気が求められる事も実際あります。しかし、それも最初の内だけです。
そもそも損切りにしても、何回か経験しておけば慣れてしまいます。現にスキャルピングなど短期で売買している方々は、いつも損切りしています。1日に何回も損切りしている方も、少なくありません。かなり熟練のトレーダーでも、損切りは経験している訳です。
そもそも損切りしたからと言って、大損失が生じる訳ではありません。大きな損失になるのを防ぐ為に、あえて損を確定している訳です。早めに損切りするのは、大いに意味があります。

稼ぐコストなので損切りをあまり重く考えない

スキャルピングなどで何度も取引を経験している方は、ほぼ無意識の内に損失を確定している事もあります。損切りは、コストの1つであると割り切っている熟練のFXトレーダーも多いです。
ある意味、商売用のコストとも言えます。商売のためにどこかに行くなら、交通費というコストもかかるでしょう。また商品を仕入れるなら、仕入れコストもかかります。稼ぐためには、コストは必要不可欠なのです。
ですから、損切りはあまり重たく考える必要はあります。軽く損切りできるようになれば、かなり取引の実力は付いてきているという声も多いです。
そもそも損失を確定しても、最終的にプラスになれば問題ないでしょう。多少はコストはかかるものの、最終的にはお金を稼ぐ為には必要ですし、むしろ積極的に損切りするのが望ましいです。